タトゥーを入れる若者

先生

タトゥーがあるデメリット

近年では、クリニックでのタトゥー除去を希望する若者が増えているといいます。そもそもタトゥーというと、海外のセレブをまねて永遠の愛の証として入れる人が多くいました。恋人のイニシャルを入れたり、またオシャレとしてもタトゥーを入れる若者は多くいます。若いうちは世間から何も言われませんが、タトゥーに対して悪い印象を持っている人は多いです。なので、結婚や就職などをした際に、タトゥーがあることでよく思われないケースは多々有ります。また、タトゥーがあることで、年をとった際に病院でMRI検査を受けられないことも有ります。クリニックでのタトゥー除去は、多額の費用がかかります。したがって、その後の人生もよく考えてからタトゥーを入れる必要が有ります。

除去する具体的な方法

クリニックでのタトゥー除去法は、症状に合わせて主に3種類の方法が有ります。それは、皮膚を切除する方法、レーザー治療、皮削術と呼ばれるものです。この中で一番簡単なのは、レーザーです。これは、タトゥーを除去できるレーザーを皮膚に照射する施術です。一度で完全に消せないので、複数回の治療が必要です。皮膚の切除法は、タトゥー部分を切除して、代わりに太ももなどから皮膚をとって移植します。それと、皮削術はタトゥーを含んだ皮膚の表面を削り取る方法です。この2種類のタトゥー除去法は、色がたくさん使われているタトゥーを除去するのに効果的です。タトゥー除去は、保険が適用されない自由診療です。なので、クリニックでの治療費は数十万円以上かかります。